みなとみらいでみらい展

 

  国内外ともに展覧会への出品が多かった、今年最後を締めくくるのは、昨年と同様に神奈川県横浜市みなとみらいの赤レンガ倉庫にて開催の~みなとみらいでみらい展~です。

 

クリスマスの2019年12月25日(水)~28日(土)時間11:00~18:00(最終日は15:00まで)開催されます。

 

今回出品した『Life is Beautiful~人生は素晴らしい』という作品は、Kuni houseのロゴでもある~夢叶う~の花言葉を持つ青い薔薇の、進化した姿を描きました。

 

思い返せば、昨年末の同じく赤レンガでの展覧会~3rd Christmas Art Competition in YOKOHAMA~でも青い薔薇を描きました。

 

その時は、野原でうさぎちゃんが長年咲かせることが不可能とされた、青い薔薇の咲いているのに出会って、感動している姿を21種類の動植物と共に描きました。

 

思えばこの作品から、その後の展覧会出品につながっていきました。 

 

 

私にとって、子どもの頃の夢って何だったかな?と振り返ると、本当にその時々で変わったりして、まさに夢は夢のように儚い存在です。

 

けれども、年齢を重ねるにつれて、うさぎの出会った青い薔薇のように、想像もしていなかった感動が、人生には 待っていると知るようになりました。

 

今の目標は、2021年までに『全天88星座物語』『世界の薔薇』『万葉花集』と、全くジャンルの違う3冊の本を出版することです。

 

お仕事をしながら、家事と製作のトリプル両立は時間と体力をどう使うかが、いつも大きな課題になります。

 

不可能なチャレンジかもしれませんが、夢の先に待つ、何かの為にやってみます。

 

今回の作品は、そんな宝物に出会う機会を与えてくれる、人生という贈り物をイメージして描きました。

 

新しいKuni houseのロゴマークにもなった作品『Life is Beautiful~人生は素晴らしい』を、お近くにお越しの方は、愛の溢れるクリスマスの横浜みなとみらいにて是非ご覧ください。

 

 

*本展のギャラリートークが12月27日(金)11:00~12:00と14:00~16:00に開催されます。

 

今回の展覧会の監修を担当された、パリ在住の美術家ジャン・ミッシェル氏と五百崎智子氏と出展作家たちの作品への想いをお楽しみください。後日、今回の展覧会の様子レポート予定です。