アトリエKuni house

 

娘が幼稚園に入り息子が1歳になったころ知人の知人が喫茶店をopenされたことを知りました。

 

ママさんは娘と同じ幼稚園の大きい組さんの娘さんを持つお母さまでした。

 

同じく子育て中の方が一人で切り盛りされている姿を知ってすごいなあと思い

息子の手をひいて尋ねると自家製のケーキがとても美味しくて

日々の合間を縫って描いていた私の絵を置いてくださると言ってくださいました。

 

それがアトリエKuni houseの始まりです。

 

その喫茶店は今はもうありませんが私にとって人生の大切な出会いでした。

人はお互いの人生を生きていく中で不思議なご縁を通して出会い

そこから道がつながっていきます。

 

そんなご縁を繰り返し今の私がいます。

自分も誰かにとってそういう存在になれたら嬉しいです。

 

これからも四季のように移りゆく景色を感じながらその時々に見つけた愛をお伝えします。