世界の薔薇

 私の人生には気がつけば薔薇が傍にあり、いつの頃からかバラ園を旅して、世界中の薔薇たちをスケッチすることは、ライフワークの一つになっていました。自然の中で描いていると、植物と目が合うことはしょっちゅうありますが、薔薇は特に見つめるととても喜んでくれます。それは、長い歴史の中で人と薔薇が、互いに寄り添いあって生きてきたからだと感じます。

 

見つめて描くと~ありがとう~と嬉しそうに伝えてくれることが、何よりの幸せです。

*薔薇アイスバーグ

書籍 World Roses

 薔薇の本を、初めて出版しようと思ったのは2011年冬のことで、いつも通っていたイングリッシュガーデンの閉鎖の危機から、救いたいと思ったからでした。今回久しぶりに薔薇の書籍を発行しようと思ったのも、同じく地元で長らく愛されていた薔薇園が、2018年秋に閉鎖されてしまったからです。そちらに咲いていた薔薇たちを、せめて絵に描いて残したいと出版を決めました。そこは市営の薔薇園だったため、独断で書籍としては発行できないことから、これまで私が巡ってきた、お気に入りの薔薇園のバラたちと一緒に編集する予定です。書籍『World Roses 淡海で出会った世界の薔薇ボタニカルアート』は、2020年に出版予定です。

*薔薇パパメイアン

*アトリエKuni house の一冊目の薔薇の本

English Garden Roses ボタニカルアートで楽しむ150の薔薇 もよろしかったらご覧ください。