世界の薔薇

 私の人生には、気がつけばいつも薔薇が傍にありました。その恩返しに、世界を旅して素晴らしいお庭の薔薇を描いています。自然の中で描いていると、植物と目が合うことはしょっちゅうありますが、

薔薇は特に見つめるととても喜んでくれます。それは、長い歴史の中で人と薔薇が、互いに寄り添いあって生きてきたから。

 

見つめて描くと~ありがとう~と嬉しそうに伝えてくれることが、何よりの幸せです。

*薔薇アイスバーグ

書籍~世界の薔薇~

 薔薇の本を、初めて出版しようと思ったのは2011年冬のことで、いつも通っていたイングリッシュガーデンの閉鎖の危機から、救いたいと思ったからでした。今回久しぶりに薔薇の書籍を発行しようと思ったのも、同じく地元で長らく愛されていた薔薇園が2018年秋に消えてしまったからです。そちらに咲いていた薔薇たちを、せめて絵に描いて残したいと出版を決めました。そこは市営の薔薇園だったため、独断で書籍としては発行できないことから、これまで私が巡ってきた日本や、世界のお気に入りの薔薇園のバラたちと一緒に編集する予定です。2021年春に出版予定です。

*薔薇パパメイアン

*世界の薔薇園のバラたちを巡る旅~世界の薔薇 パリ編~もよろしかったらお楽しみください。

薔薇と平和

 私がはじめて薔薇に魅せられたのは、子どものころお向かいのお庭に咲く~Pease(ピース)~という第2次世界大戦終戦の年に作られた、世界平和の薔薇を観た時からです。まだ小さかった私でしたが、その大輪の圧倒的な美しさに平和とは、薔薇をゆったりと眺められる時間と空間があることなのだと、わかったことを思い出します。 

*薔薇サロン

そしてその庭を大切に育んでおられる、通称お花のおじちゃんとお庭で過ごすひと時は、幸せそのものでした。

*薔薇ムタビリス