創造者たち展にて

あらためまして、令和あけましておめでとうございます。

 

昨日は、新しい時代の幕開けと共に、金沢21世紀美術館にて始まった

~創造者たち展~に行ってきました。

 

10連休ゴールデンウィークの中日とあって、混雑は予想していましたが

こちらの美術館の、盛況ぶりはアートをより身近に感じられ来客者が各々のスタイルで

楽しめるからなのだなと嬉しくなりました。

 

アートが自然と同様に、身近でさらに気軽にふれあえる存在になっていけたらいいなと願っています。

古くから加賀100万石の城下町として知られる金沢は、美しく繊細な匠の街としても有名で

その場所に新しい風を吹き込んだのが、『まちに開かれた公園のような美術館』というコンセプトで作られた~金沢21世紀美術館~です。

 

沢山の体験型のアートに人気があり、中でも館長から是非ご覧下さいとお勧めされた作品は、天井に丸い穴が開いてあり、空を眺めるというアニッシュ・カヴーアの『L'Origine du monde』です。

 

今回は時間切れで残念ながら見れなかったので、次回もう少し人が少ない時にゆっくりと訪ねます。

屋外展示の作品も沢山あって、とくに可愛い椅子のアートが目を引きました。

こちらは人が着衣のままプールに入っているように見える有名なアートです。

体験には長蛇の列の為、遠くから写して小さな学校のプールのようになってしまいました。

皆さんの足がクラゲのように見えて可愛いですね。自分は映らないように気を付けて撮りました。

今回の作品展は、出版記念展ということで今月末には書籍の販売が始まるそうです。

すっかり本は自分で作るものになっていたので、新鮮な感覚です。

本当に沢山の日本中のアーティストが集った~創造者たち展~

普段会うことのない方たちとの交流は、またこれからの活動の力になります。

 

~平成から新しい時代へ~をコンセプトに開催された、今回の作品展を通して

これからも、令和の意味 Beautiful Harmony を大切に、自由と平和を祈ります。