大津京の桜

~咲麗を辿って歴史と文化に出会う街~

このたび、我が街大津京に咲く桜と、桜の花期のように短い年月でしたが、美しく花開いた大津京の都が今に残す歴史と文化を、お伝えする書籍を発行します。2020年の春、大津京を歩いて描いた、19種類の桜のボタニカルアートと、桜の名所のご紹介、百人一首や万葉集にゆかりのあるこの地に縁の深い、桜を詠んだ句など11首も掲載しました。その他にも日吉大社の御神木で、復活した桜『日吉桜』についてもお伝えしています。

大津京の桜 咲麗を辿って歴史と文化に出会う街

2020年11月3日発行

 定価¥1.000(税別)

(ハードカバー仕上げは定価¥2.000(税別))

書籍サイズ 148㎜×210㎜ 本文52ページ

2021年4月4日(土)この本を片手に、大津京の桜を巡る街歩きを開催しました。

*大津京の桜について、京都新聞滋賀版、読売新聞しが県民情報にて掲載していただきました。

*大津京が初めて発見された錦織遺跡にある、うたの珈琲焙煎所でもご紹介いただいています。