応用コース

 アトリエKuni houseのボタニカルアート教室では、初めの6か月はテキスト*教材を使って基礎を学ぶ基礎コースを受講していただきます。

 その後ご自分のお描きになりたい植物、お花をお持ちいただいてご自身のペースでボタニカルアートを描いていっていただく応用コースが始まります。

 毎月、その季節のお花を描いた講師の作品見本をテキストとしてお渡ししていますが、応用コースでは教材費は必要ありません。

 お花を知ることはご自身を知ることです。是非知らなかった自分に出会っていってください。

 一般的にボタニカルアートとは、植物図鑑のように植物の特質、種を伝える絵とされます。

 それをふまえた上で、私にとってのボタニカルアートは人との出会いと同じく、相手の個性を知るためのコミュニケーションツールです。

 絵に描こうと思って見つめるとより深く知ることが出来て、大好きな植物と仲良くなれます。

そのようにボタニカルアートで大切なことは、綺麗に描くことよりも、じっくりと見つめて植物を知る喜びを味わうことだと思っています。

 ご自身を通して植物を見つめる自由な感覚を信頼して、何に心惹かれたか、どのように描いてみたいかなど、応用コースではそのお気持ちに寄り添って、共に楽しく植物を見つめて行きます。

 人も植物も一つとして同じものはありません。

かけがえのない出会いに喜びを感じながら、ボタニカルアートを通して、ご自身のスタイルを見つけていっていただきたいと願っています。


アトリエKuni house のボタニカルアート教室にご興味をお持ちになられた方は

Schoolのページをご覧ください。