The Japanese Botanical Illustration

 

日本人として子どもたちの未来に残していきたいものは何でしょうか。

私は自然と人が大切に守ってきた暮らしだと思っています。

大切なものをつなぐ活動の一つとして今身近にある植物や文化を書籍にして残しています。 

English Garden Roses ボタニカルアートで楽しむ150の薔薇

 

薔薇の本English Garden Roses滋賀県大津市柳ヶ崎湖畔公園内にある英国研究家のケイ山田さんが庭園のデザインをされたイングリッシュガーデン開園10周年の時に可憐に人知れず咲いていた希少なオールドローズなど150種類のバラをボタニカルアートに描いて残しバラの種類や特徴などを添えた薔薇専門書です。

薔薇をより知っていただくために世界や日本で活躍されているバラ人たちのことや簡単なバラの香水のつくり方バラのボタニカルアートの描き方なども掲載しています。

素敵な名前の由来や大きく分けて7種類の素晴らしい香りについてもまとめています。

いつまでも大切にしていきたい想いを綴った薔薇の本です。

 

 

20131015日発行

  定価 ¥1.500(税別)

書籍サイズ210mm×148mm 本文98ページ 

 

薔薇の本はNPO法人バラ文化研究所資料室(佐倉草ぶえの丘バラ園)

国立国会図書館滋賀県立図書館大津市立図書館にて閲覧いただけます。

 

Ver.Omi Jingu

本書では豊かな自然の姿を残す滋賀県大津市の近江神宮鎮守の森に咲く

世界平和の桜や珍しい野草など41種類の植物をお伝えします。

 


2017年3月20日発行

定価 ¥600(税別)

書籍サイズ210㎜×148㎜ 本文30ページ

Otukyo walk with Flora

本書は私の住む大津京に残された歴史遺産を実際に歩いて見つめ心惹かれた文化について

巡礼中に見つけた花木や野草のボタニカルアートと共に綴っています。

*題名にあるFloraというラテン語の言葉は植物学においての植物相の意味と

ローマ神話に登場する花咲く草木と春、豊穣を司る女神を表しています。

*表紙の絵は滋賀県大津市滋賀里にある崇福寺跡から出土した国宝舎利容器の瑠璃壺です。

2017年8月8日発行

定価 ¥1.000(税別)

書籍サイズ210㎜×148㎜ 本文56ページ

こちらの本は 滋賀県立図書館、 大津市立図書館渡来人歴史館 にてご覧いただけます。